歩行に支障があることも

フットネイル

軽度であれば、あまり問題はないかもしれませんが、かなりひどくなってしまうと巻き爪のために歩行に支障をきたすこともあります。あまりにも痛みが強いために、このまま放置するわけにはいかないために、東京の医療機関で治療を受ける人は少なくありません。東京であれば医療機関もたくさんありますし、自分に合った治療を受けるところを見つけやすいかもしれません。爪が丸まってしまったために、爪を切る時に苦労することもありますし、爪が肉に食い込んでしまうために強い痛みを感じることもあります。このような症状が出ている人が、東京の医療機関を受診して、適切な巻き爪治療を受けています。

痛みのない治療もある

フットネイル

東京で巻き爪の治療をするのならば、なるべく痛みのない治療法にしたいでしょうから、なるべく最新治療を取り入れているところにしましょう。どのような治療法があるのかと言うと、ワイヤーを使って丸まってしまった爪を伸ばします。ワイヤーを装着するために、ある程度は爪を伸ばしておかないと治療が難しいです。少し爪を伸ばして、そこにワイヤーを装着して爪を伸ばし、この状態を保ち続けます。ワイヤーを装着する方法と似ていますが、専用のクリップを使って丸まった爪を伸ばす治療法もあります。クリップを挟む必要がありますから、こちらの治療法もある程度は爪が伸びている必要があります。どちらの治療法も爪の長さが必要ですが、痛みを伴わないので受けやすいでしょう。

爪の端を切る方法

フットネイル

巻き爪によって、爪の端の方が肉に食い込んでいるために、痛みがあるのならば端の方の爪を切った方が良いかもしれません。東京の医療機関でもこの治療法を行っていますので、爪の端の方を切ることも考えてみてください。この治療法は、肉が食い込んでいる端の方の肉を両端ともに切り落としてしまうので、爪の幅が短くなります。爪を切除する治療法なので、痛みを伴いますから局所麻酔を使うことが多いです。治療後は痛みが引いていきますので、麻酔が切れた後の痛みを心配する必要はあまりありません。手術後は、数日間程度ですが激しい運動は避ける必要があるので、運動をよくしている人はこの点は特に気を付けましょう。手術は局所麻酔をした後に、肉が食い込んでいる部分の爪を切り落としますが、このままではまた爪が伸びる恐れがあります。両端からまた爪が生えてこないようにするために、薬を塗ります。そうすると、幅が短い状態を保つことができるので、巻き爪を改善できます。

広告募集中